離婚をして、妻が住み続け、夫が住宅ローンを払う場合があります。夫が支払いを続けられるかが問題です。

お金も時間もかかる判決離婚について

離婚をして妻が住み続け住宅ローンを夫が払う

誰でも夢見ることとしてマイホームを持つことです。フリーターであったり、アルバイトをしている人でも住宅を持とうと思えば持てるものです。計画を立てて返済をすることを考えなくてはいけないでしょう。住宅に関しては、中古であればそれほど高くないこともあります。高級住宅街の新築を望まなければ、誰でも買うことができると言っても過言ではありません。結婚をして、子供ができてくれば、早めにローンを組んで返済していくことを考えます。

住宅を持って、住宅ローンを支払っている間は幸せなのですが、いつの間にか夫婦間がぎくしゃくしてしまうことがあります。そして、残念ながら婚姻関係を継続できなくなることがあります。離婚をすることになるのです。住宅ローンに関しては、夫が主契約者になっていて、妻が連帯保証人なっています。協議により、妻と子供が家に住み続け、夫が出て行くことになりました。では、住宅ローンの支払についてはどのようにしていくかになります。

財産分与であったり、残りの住宅ローンを考え、夫が返済をすることになりました。将来的には、変更余地もありますが、これで同意をしました。妻としての不安は、夫がしっかりと返済を続けてくれるかになるでしょう。夫が返済できなければ、連帯保証人である妻が支払うことになります。それで支払いができなければ、住み続けることができなることもあるのです。今後の夫のことがわかりにくいだけに、安易に考えてはいけません。

法律や離婚についての話はここのサイトでチェック

Copyright (C)2017お金も時間もかかる判決離婚について.All rights reserved.