離婚後において、親権者の変更はできます。子供にとっての必要性が見られます。子供に判断させることもあります。

お金も時間もかかる判決離婚について

離婚後において親権者の変更がされるか

安易に決めてしまったために、後で困ることがあります。あとで変更できないと言われると、その前にかなり悩んで決めることがあります。しかし、後でいつでも変更できると言われると、とりあえずそのままでもいいと思ってしまうのです。安易な判断です。本当はこの時にもきちんと考えるべきなのでしょう。あとで変更したいと思って手続きをしようとすると、かなりややこしい手続きが必要なことがわかりました。それなら最初にもっと考えておくべきでした。

離婚をするときに親権者について決めることがあります。子供が未成年の場合には、どちらかに決めることになり、そちらのもとで生活をしていくことになります。親権者については、決めることではありながら、後で変更することができるとされています。そのことから安易に協議をして捺印をしてしまうことがあります。こちらについては、変更にはそれなりの理由が必要になります。そして、親の判断で行うことができるものではないのです。

親のほうが寂しい、会いたいからとのことで親権者の変更を求めてもそれはできません。変更をする目的としては、子供にとって必要かどうかを見られます。これは家庭裁判所の審判で行われることになります。今の親権者では問題があり、変更する必要があるとされないと認められないでしょう。子供が小学生の上級生ぐらいになるとある程度の判断ができます。この場合には、子供の意思について確認され、それを元に行われることがあります。

法律や離婚についての話はここのサイトでチェック

Copyright (C)2017お金も時間もかかる判決離婚について.All rights reserved.