離婚をするときに決めた養育筆について変更することができるかですが、理由があれば行うことができます。

お金も時間もかかる判決離婚について

離婚をするときの養育費が変更するとき

専業主婦をしている人が仕事をしようとすることがあります。夫の収入が減り気味なので、それを補うためにパートに出るなどです。仕事としてあるのは、スーパーであったり、工場での作業、販売員などになるでしょうか。以前に仕事をしている場合でも、事務的なことしかしていないとそれを活かすことは難しいです。専門的な仕事であれば、多少ブランクがあってもそちらに戻れることもあります。医師などの技術があるかないかで違いがあります。

離婚をすることになって、親権者は妻になりました。夫のほうが養育費を支払ってくれることで、そちらで子供を育てることになります。それだけでは生活ができませんから、パートなどに出ることになるでしょう。とりあえずはパートの収入と、先に決めた養育費で生活ができていたのですが、苦しい生活には変わりありません。子供の将来のこともあるので、養育費をもう少しもらいたいと思います。増額してもらうことができるのでしょうか。

養育費の増額については、申し立て手続きをすることで行えます。ただ申し立てをするだけでなく、理由が必要になります。夫のほうの収入が十分あって、妻の方の収入が不十分であると認められる場合、妻や子供が病気や怪我をしたために負担が増えている状態、子供が進学をするため、その教育費用が必要な場合などがあります。夫の方もやむを得ないと思う部分については認めてくれるでしょう。子どもの教育費用と言われれば、気になるものです。

法律や離婚についての話はここのサイトでチェック

Copyright (C)2017お金も時間もかかる判決離婚について.All rights reserved.