離婚をする時の公的年金において、厚生年金などは夫分の分割がされる仕組みが整ってきています。

お金も時間もかかる判決離婚について

離婚をするときに年金はどうなるか

年金にはいくつかあります。まず誰でもあるものとして公的年金があります。その他、保険会社が用意する個人年金があり、勤めている会社などが行う退職年金があります。それらを組み合わせて生活をしていきます。公的年金については、国民年金と、被用者年金があります。被用者年金とは厚生年金保険のほか、公務員であったり、私立学校の教職員、漁業関係者が受けるものになります。夫が厚生年金に加入すると、妻は自動的に国民年金に加入できます。

公的年金では、長らく夫婦は一緒に老後を過ごすものとして設計されて来ました。夫と妻にそれぞれ国民年金があり、夫が働いた分について厚生年金などがもらえるようになっていたのです。離婚をした場合には、夫が厚生年金をすべてもらえる状態もありました。最近になって、夫婦が婚姻関係を解消して別々に生活することも想定した決まりになっています。同居している間の夫の厚生年金について、妻と一定割合で折半する仕組みが取り入れられています。

かと言って、すべての期間において行われるわけではありません。法律改正後の部分については自動的に行われることもありますが、それ以前の部分については話し合いが必要になります。となると、通常の財産を分ける話とおなじになります。公的年金以外については必要になってくると思いますから、それらをトータルに考えるようにします。また、今結婚している人に関しては、将来年金が分割されることもあることを想定する必要があります。

法律や離婚についての話はここのサイトでチェック

Copyright (C)2017お金も時間もかかる判決離婚について.All rights reserved.