離婚において、親権と監護権があります。監護権は親権に含まれていますが、事情により分離して決める事があります。

お金も時間もかかる判決離婚について

離婚における親権と監護権の違い

ある都市の市長か知事が育児休業を取得するとのことで話題になったことがあります。実際の育児休業の場合は、産後1年後までに行われる部分についてなのでかなり長い期間になりそうです。でも、市長などがそれだけ長く行うことはできません。ですから、数日だったと思います。育児休暇、育児といいますと女性の行うことのイメージがあったのが、男性でも行う、取得できるイメージが出来たと思います。その後育児をする男性としてイクメンの言葉が多用されるようになりました。

共働きが一般的になってくると、男性が育児をする、育児休暇を取ることももっと一般化するのかもしれませんが、まだ難しいところもあります。離婚において、親権が夫に行く場合があります。戸籍も夫の方に残ったままです。親権とは、法律上の同意、一緒に住む、身分の代理などがあります。その中に、子供を監護する権利があるとされます。監護とは子供の近くにいて世話をする部分になります。通常は親権がある人が監護権も持つとされます。

しかし、事情によって親権者が十分に監護できないこともあります。その場合において、親権者と監護権者を分けて設定することができます。親権者、監護権者ともに後で変更することができます。親権者の変更については裁判所の手続きを経るもので、十分な理由が必要となります。監護権者の変更であったり設定については、あとにおいて話し合いで行うことができます。親権者である人が子供のためにと変更を依頼することがあるのでしょう。

法律や離婚についての話はここのサイトでチェック

Copyright (C)2017お金も時間もかかる判決離婚について.All rights reserved.