離婚の場合において、住宅ローンの契約パターンがどうなっているかです。持ち続けられるか、清算するかです。

お金も時間もかかる判決離婚について

離婚の場合に住宅ローンの契約パターンを考える

住宅を購入するときに、現金でそのまま支払うことができたらなんと格好の良いことでしょう。数千万円から億に達することもありますから、それだけのお金がある人しかできません。宝くじ等に当たっていないと難しいことでしょう。多くの場合においては住宅ローンを利用するでしょう。住宅ローンが他のローン商品と違うところとしては、非常に金額が大きくなることと、非常に長い期間借りる契約になっていることです。また、一般の人が利用することが多いローンです。

ですから、離婚を決めた夫婦が住宅ローンを利用して住宅を購入していることがよくあることです。この時には、住宅資産がある一方で、住宅ローンが残っていることになります。その差額がプラスなのであれば、それは財産です。財産として分けることも考えます。そこで、契約パターンについてチェックしてみましょう。よくあるのは、夫が主債務者で、妻がその連帯保証人になっているケースです。持ち主も夫です。持ち続け安いパターンです。

また、主債務者が夫で、妻は特に関わりを持っていない場合も持ち続けやすいです。夫の親や保証協会などに保証をしてもらっている場合です。難しいのが、共同名義になっている時です。住宅ローンにおいても、夫婦で連帯債務者になっています。その分有利なことも多いのですが、婚姻関係を解消するときには少し負担が大きくなります。どちらかが持ち続けるよりも、売却をした上で清算したほうがわかりやすくなるケースかもしれません。

法律や離婚についての話はここのサイトでチェック

Copyright (C)2017お金も時間もかかる判決離婚について.All rights reserved.